しくじり仕入れ2と2017年11月開催Amazon中国輸入セミナーのお知らせ

※トップの写真は以前売ってて良く売れてた自転車用のカギですがカギが折れて抜けなくなるのが多発してた時の写真です。

よく売れてましたがクレームが多く1000円以下で販売していたので売るのを止めました。

 

水が冷たく感じてきて少しずつ冬に向かって行るのを実感します。

皆さんも風邪などひかぬよう注意してくださいね

もう引いてしまったって方は最近の風邪は恐いのでお大事にしてください。

 

今日は過去に失敗仕入れした恥ずかしい商品の紹介とセミナーのお知らせです。

 

 

しくじり仕入れ

しくじり仕入れの第2弾を紹介します。

前回のしくじり第1弾の失敗は権利侵害でした。

https://nenkue.com/amazon-chinatrade/shikujirishiire1/

しくじり第一弾商品の商標が登録されてるのを無視してあのまま売ってても、もしかすると問題が起きずに大丈夫だったかもしれません。

問題が起きずと言うよりばれずにと言った方が正直ですね。

その後、もしそのままばれずにうまくいって中途半端に稼いでいたとしたなら。。。

「見つからなければ何でも大丈夫」的な発想が身について、多分どこかでつまづくかアカウント停止か訴えられるか逮捕になってた可能性が大だと思います。

そんな起きてもしない事より売れたもん勝ちいまガンガン売る方が大事という方もおられるかもしれません。

そんな心配ばかりしてるから売上伸びないんやと思われるかもしれません。

けれども起きてからでは遅いし事と次第によっては致命的な打撃を受けるかもしれません。

自分は運がいいから捕まらんとかアウトロー業界の方の様に豪語する人もいます。

私たちはその業界ではないはずです。

法律や規約を守ってやっていく事は真面目過ぎるのではなく当たり前の事なのです。

Amazonのルールを守らない出品者はいずれ排除されます。

またAmazonジャパンは日本国で商売やる以上日本の法律を遵守しないとその事業はやっていけません。

ルールを守っていない出品者もちらほら見かけますがそれは手が回ってないだけでいずれ是正されます。

結論は2回か3回で終わる1回10万円を単発で稼ぐことよりも2万円、3万円と継続して稼いでいく方が大事だと思います。

しくじり第2弾は食品衛生法違反仕入れです。

Amazon中国輸入を始めたころまず何を仕入れたらいいのかわからなかったので毎日、仕入れるものを考えてました。

知り合った仲間がやってたリサーチはやっていませんでした。

しいてリサーチと言えるようなことは思いついたものをタオバオで調べAmazonでの類似品の値段を見るぐらいでした。

 

無駄な仕入れはしたくない。

失敗して損したくない。

実際悩んでいました。

Yさんがくれた中国輸入売れるリスト100

オンラインで知り合ったYさんて方とよくスカイプで会話をしていました。

Yさんはせどり出身ですが俺と同じころの2013年頃にAmazon中国輸入を始めたそうです。

ネットビジネスは2年ほど先輩なので業界の裏話を聞いたり知識の共有をしたりしてました。

その後いつしか私の方が色々教えるようになっていました。

以下は知り合ったころの話です。

私が「いつも何を仕入れたらいいかわからなくて悩んでます。」と話すと

Yさん:「おー 仕入れる商品悩みますよね」

中元:「そうすよね。」

Yさん:「あ、そうそう、もう必要ないデータがあります。」 「いります?」

中元:「ほぉ」「何のデータすか?」

Yさん:「それは、【売れる商品100】というリストです。」
Yさん:「僕にはもう必要ないので。。」
Yさん:「役に立たないかもですが、中元さんにお世話になってますので良ければそのリスト差し上げますよ」

特にお世話した覚えはないのですがその方からよくいらなくなった色んなデータをもらっていました。

中元:「おお、遠慮なくいただきます。」「有難うございます!」

Yさんはその「売れる商品リスト」を1万円で買ったそうです。

売れるリストは実は売れないリスト

 

多分他の方が苦労してリサーチしたであろう商品が100個も載っている貴重なリスト

しかし売れるリストと名のつくものは大勢の方が買っているのでそのうち売れないリストと呼ばれるようになってました。

知り合った周囲の方々は「売れるリスト実は売れないリスト」とよく言ってました。

でもその中のものをヒントに今も安定して売れてるものもあるので「売れるリスト実は売れないリスト」は意外と侮れません。

そしてYさんがもういらないと言った「売れるリスト実は売れないリスト」を何かの参考に絶対なると思い、毎日深夜まで目を皿にして見ていました。

一点ずつなんでこれが売れるのか考えていました。

4年前のその頃何故かドクロが流行っていました。

そこで思いついたのは

「ドクロ関係が流行ってるし、売れるんちゃうか」と思っていました。

今ならその単純な発想は噴き飯ものですがその頃はそれでも結構真剣でした。

でも意外とヒット商品はそんな考え方の失敗の繰り返しではないかと思います。

またある日リストを見ながら商品探しをしていました。

売れるリスト100の何ページ目かにあった骸骨をモチーフしたブランデーグラスが目に留まりました。

その頃の中元の思い:「おおー これは変わったグラスやなぁ」「なるほどー やっぱりドクロ製品売れるんや」

今の俺:その前に口につけるもん食品衛生法はどうすんねん .輸入する際に届出いるやろ それ確認したんか?

今の俺:変に納得する前にドクロは売れるかもしれんけどそのアイテムは壊れやすいぞ辞めといたほうがええんとちゃうか

その頃の中元の思い:「こらいけるで 売れそうや」

今の俺:何の根拠でどこがいけるねん 勉強しなおしたほうがええで

今の俺がつっ込みいれてみました。

私は何の根拠もなく閃いて自分勝手に納得していました。

それで前回の話と同じくまたも何も考えず仕入れてしまいました。

「1万円の売れるリストに載ってたし売れるやろ。。」

そんなこと何の保証もありません。

まさに失敗仕入れの道まっしぐらすね。

それに以前は売れたかもですが時間が経ちそのリストが販売された時とは状況は確実に変化しています。

 

何もわからず輸入する怖さ

そして仕入れる以前にドクログラスは口につけるのでそのまま無届で輸入して売ると食品衛生法に抵触します。

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-030003.html

その時は恥ずかしいけどそんなことなど一ミリも考えてもいませんでした。

それにそのリストには売ってる値段やいくら稼げるということしか書いてありません。

この商品は輸入する際に届け出がいるなどどこにも書いてはいません。

作った人はもしかしてそういう法律の事など知らず、転売する事しか頭になく、稼げることだけにスポットを当てたかったのかもしれません。

このブログを読まれてる方々はそういった輸入する際の法律は当然理解されておられると思います。

いや知らなかったと仰られる方は販売しようと思う商品を輸入する際にどういった手続きや認可や許可が必要なのかを専門機関などへ事前確認調べして見るのをお勧めします。

①税関に聞く

概ね親切ですが聞き方に注意ですね。

余計なことは話さない方がいいです。

以前痛くもない腹を探られる感じがしたので実際に通関しないとこに聞いてました。

俺はいつも電話に出られる方が関西なまりの方が多いので東京や横浜でなく会話しやすい大阪税関か神戸税関に電話して質問してました。

電話に出た方に

「東京税関や横浜税関は関西弁で質問したら少し冷たい感じがします。」

「それに引き換え大阪税関や神戸税関は暖かい対応で国民のために頑張っていると思います。」

とか冗談めかして言うと大体の人が笑いながらそんなことないですよと言いながらいめんどくさがらず色々親切に教えてくれます。

笑いながら「そんな冷たいですか?」と聞いてきた方もいました。

実際は東京税関も横浜税関も冷たくはありません。

最初に述べたように概ね親切です。

それはあくまでも俺の聞き方が悪いだけでどこでも対応は同じかと思います。

②JETRO日本貿易振興機構に聞く

俺的にはここが一番親切ではないかと思います。

https://www.jetro.go.jp/world/qa/04M-030003.html

③経済産業省に聞く

愛想悪いか的を得ない場合が多いですが聞きたいことを整理してしつこく聞くのがいいですね。

いい人に当たるとメチャ詳しく教えてくれたりもします。

https://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/shouan/index.htm

④東京都庁に聞く

ここもほぼ③と同じです。
的を得ない場合近ければ直接出向くのも一考ですね。

 

最後に

結局ドクログラスは販売する前に潰れた箱を開けたら仕入れたもの全て割れて粉々でした。

その為1個も販売せずに終わりました。

検品せずFBA直送で売れたなら多分怖ろしい事になってましたね。

わきのにおい消しと同じく販売しなかったので食品衛生法を意識しませんでした。

その為次の別商品で怖ろしい目に遭うのですが。

こういった商品をどうしても輸入したければ口につけるものなのでまず食品衛生法で届出もしくは検査を通し割れ物扱いで船で運ぶのが良いかと思います。

実際はそこまでなかなかめんどくさくてできませんよね

利益が望めて可能性があるなら認可まで頑張るべきですが、たいして利益もない10個や20個を認可を得ず法律違反を犯してまでびくびく仕入れるものでないという事ですね。

 

【Amazon中国輸入OEMセミナーのお知らせ!】

中国輸入OEMセミナー参加者募集開始しました。
特別ゲスト講師:佐藤大介さん!(株式会社イーウーパスポート代表)

貴重なお話を聴けるまたとない機会です。
登壇は東京会場のみとなりますが、大阪、福岡の方にも動画配信いたしますのでご安心を。

詳細&お申し込みはコチラ↓
https://nbclub.jp/nbc/seminar201711/

内容をご確認の上皆さんのご参加をお待ちしております。