Amazon詐欺事件その後と今後

Amazon詐欺事件ですが

相乗り詐欺セラーは少しずつ減ってきたようです。

対応策は過去記事で書きましたので参考にしてみてください。

https://nenkue.com/amazon-news-for-seller/sagi-taisaku-1/

【中国輸入-NBC対談シリーズ】Amazon詐欺に関して速報!!

詐欺相乗りセラーが爆発的に増えていた頃の動画です。

 

直撃ダメージは大きい

しかしながら今回の出来事で、実際自社発送されてたセラーの方や相乗りアカウントでしのいでたセラーの方々が食らったダメージは計り知れないものがあると思います。

でもある程度予測できたことだったかもしれません。

泣き言や愚痴を言う前に今回の事を教訓に頑張って行くしかないと思います。

甘くはなかったと撤退することも潔い決断かも知れません。

今年はそれぞれの分岐点であるような気がします。

今後どうやって行けばいいのか?

・プラットフォームの理念や方向性に沿っていく

そこを理解していないと流れに沿ってないのでうまくいかないのはあたりまえ。

・ガイドラインを遵守

遵守しないといずれアカウント停止になる可能性が大きい

・セキュリティ対策

事務所の周囲の治安が悪化し泥棒が増えてるのに現金や大事なものがある事務所のカギが簡単にこじ開けれるのと同じ

これらを土台にしないと継続できません。

基本的にプロとしての考えがないセラーは継続できないという事です。

行き当たりばったりでも良ければ関係ないですけどね(笑)

 

転売脳から付加価値脳へ

Oさんは転売脳から付加価値脳へ変わられたお手本です。

 

 

積み上げるのに重要な事はまさしく転売脳のやり方であるライバルセラーの在庫数や売れてる商品を調べて真似してOEMする事ではありません。

継続していくのであればいかに付加価値を追求しお客様が欲しがる商品、必要とされる商品を販売していくべきだと思います。

しかし転売脳で進むのも否定はしません。

付加価値脳に変化する前に一番重要な資金が枯渇しては意味がありません。

でも転売脳で儲かって喜ぶのは自分だけです。

できるのであれば、お客様やお客様の周囲の人々を喜ばせて幸せにしてあげれるような商品を提供していく方が良いと思います。

まとめ

重要な3つの土台を理解しないと継続できないし生き残れない

お客様の方を向いていない転売脳販売は淘汰される

という事です。