NBCプレミアム会員とNBC TRUST(信頼)会員

私がNBCプレミアム会員を始めた理由

2012年より、Amazon中国輸入ビジネスという、インターネットを介した商売を始め、9年が過ぎました。

我流でやってることが合ってるのかどうかを知りたくて、色んな中国輸入のセミナーに、参加してました。

その頃のAmazonは、中国の方に門戸は開いていなかったことと、そもそも参入者も少なく、円高も追い風になり、何も考えず仕入れてFBAに入れるだけで、飛ぶように売れる、そんな夢のような時代でした。

色んなセミナーに参加し、懇親会とかでも知り合う人も増え、ネット上だけで知り合う人も増えていきました。

そして知り合った人をリアルで集めて、いつの間にか、昔で言うところのオフラインの会のようなものを、開催するようになっていました。

 

オンライン上で知り合った、個人でAmazon中国輸入を頑張られてる仲間たちが、全国より集まりました。

みんな1人でやられて孤独な方が多く、集まりには同じ方向を向いた話が分かる人がいるせいか、盛り上がりすぎて、朝まで討論はいつもの事でした。

そしてその人たちの輪をもっと広げ、100人規模の集まりで中元組と称し、サークル活動の様に集まっていました。

ただお金儲けは一ミリも考えていなかったので、色んな部分で持ち出しや手弁当で、時々赤字にもなっていました。

赤字のイベントなんて常識的に考えれないことかもしれませんが、皆が楽しかったらええやんと思ってやってました。

そんなことは長続きしないことから、最低限の経費を頂こうということからNBCができ、みんなのために、セミナーをやることにもなりました。

そしていろんな方から相談を受けるうちに、中国輸入で悩んでる人が大勢いることに気づき、相談を受けた方たちから、もっと個人的に教えてほしいという要望が、来るよう様になりました。

それぞれに応じた要望や、個々のサポートをする、それがNBCプレミアム会員の始まりです。

なので信じてもらえないかもですが、プレミアム会員サポートを開始したきっかけは、決してビジネスから始まったわけではないのです。

そのため1期2期では、いろいろな行き違いから、ものすごく苦労もし、会員の皆さんの期待に、応えきれなかった反省点も多々ありました。

それらを活かし、3期や4期の方とがっぷり4つに組むようになり、皆さんの業績も伸び、現在では会員の皆様とは、家族の様にやらせてもらっています。

2021年9月現在)2018年の6期以降より、半年ごとの何期というのはなくなりました。

基本の契約期間は1年ですが、1か月ごとの更新で、12か月の月謝制に切り替りました。

中国セラーも含め、ライバルのレベルがあがり競争が激しく、飽和と言ってもおかしくない今のAmazon中国輸入で、確かな情報を共有できる場と、中元大輔のマンツーマンコンサルサポート、それがNBCスーパープレミアム会員です。

 

 

 

NBCスーパープレミアム会員になって売上が3倍に伸びました。

 

最近会員の方々から、続々と良い成果報告をいただいています。

2018年11月に、入会されたKさんもその一人です。

入会当初から比べ「【売上が3倍】になりました」と嬉しいご報告をいただきました。

追記)2019年6月売上 プレミアム会員サポート時より5.2倍になりました。

追記)2021年3月売上は最高記録達成されたそうです。

追記)2021年8月売上は過去最高記録更新したそうです。

Kさんの売上増には、意味があります。

なぜならKさんがNBCに来たときは、他の中国輸入スクールで学んだSKUをどんどん増やす手法で、一度は月商400万近くまで伸ばしました。

しかし私が相談をお受けした時は、月商が全盛時の20%を切るところまで落ち込み、ストアは不良在庫だらけの撤退寸前でした。

コロナ禍を経た2021年のアマゾンでは、そこの中国輸入スクールの手法をそのままやり続けてる人で、生き残れてる人はほとんど見かけません。

落ち込んだKさんの売上を、復活させるのには相当な努力が必要でした。

そこからの努力と復活までのやり方は、現在伸び悩んでる方のモデルケースになるかと思います。

 

追記)2019年2月売上  前年比3.46倍になりました。

 

再追記)2019年6月売上 プレミアム会員サポート開始時より5.2倍になりました。
再追記)2021年3月売上 プレミアム会員サポート開始時より7.2になりました。

 

Kさんは何年か前から、とあるスクールをきっかけで中国輸入をされていたのですが、古い手法を生真面目に実践されてました。

しかしながら、売り上げは頭打ちから下降の一途をたどり、かなり行き詰っている状態で、NBCのセミナーにこられました。

そしてセミナーでは、初めて聞くようなことばかりで衝撃を受けたと、おっしゃり無料面談に申し込まれました。

最初の面談時にストアを見せていただき、これは復活できるのではと思いました。

そして私は「これはいけますよ」と言いました。

「これはいけますよ」といったのは復活の可能性があるという意味です。

Kさんはそれまでの不良在庫の現金化処理も含め、教えたことを、愚直にやり続けました。

当初の2か月ほどは、若干の下降横ばいをたどり、サポート開始から5か月近くたち、ようやく売上が伸びてきました。

そして先月の実践レポートで確認したところ、当初スタート時より、売上は3倍に伸びました。

Kさんだけが、特別伸びが大きいわけではありません。

売上だけではなく、「中国の工場に行き、OEM商品を作ることができました!」とか「1つの商品を月に500個販売することができました!」などサポートメンバーの皆さんが、それぞれ嬉しい成果を出されています。

 

仲間がいないと継続していくことは、不可能に近いかと思います。

そして集まってるライバル同士であるみんなが、お互いの情報を出しても安心できる少数精鋭の集まり、そんなコミニュティは、どこにもありません。

今回で5期目のサポートになりますが、10月より私のもとにいらっしゃる会員の方を中心としお互いが、情報を共有しても信用できる仲間が集まるコミニュティを、新たに結成する予定です。

5期の方から、2018年の年末に嬉しい知らせを頂きました。

元々の売上が小さかったので、売上自体としては大きくありませんが、それでも10倍に伸びたのには意味がありますね

 

 

2021年 最新スーパプレミアム会員実績

 

2020年4月入会 Kさん実績

 

2020年8月入会 Tさん実績

 

NBCスーパープレミアム会員というフィルターを通し、構築した信頼関係のある仲間の集まり、それをNBC TRUST MEMBERS(NBC信頼会員)と名付けました。

人数は限定です。

以前の様に、誰でも受け入れるわけではありません。

お断りする場合もあります。

それがお互いのためかと思いますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

NBC TRUST MEMBERS (NBC信頼会員)

NBC TRUST MEMBERS (NBC信頼会員)2019年6月現在 会員数20名

追記)2021年9月現在 会員数25名 (途中退会者除く)

追記)2022年4月現在 会員数27名

※NBC TRUST MEMBERS (NBC信頼会員)入会には、下記の決まりがあります。

・NBCスーパープレミアム会員サポートを現在受けられている方または過去に受けられた方

・NBCスーパープレミアム会員入会後6か月間は会費無料ですが仮会員期間になります。

・6か月問題なく経過後正式会員となります。

・月額6600円税込の会費 相談面談も継続 東京、大阪、神戸、名古屋、京都、広島、福岡、札幌  中国義鳥等各地で勉強会開催

2018年11月義鳥合宿勉強会8名参加

2019年10月淡路島合宿勉強会 12名参加

2021年5月伊豆赤沢温泉合宿勉強会15名参加

2021年11月鹿児島県霧島市硫黄谷温泉20名参加

NBCスーパープレミアム会員の内容や詳細についてはセミナー参加申し込みの方及び無料面談申込の方に説明させていただきます。

ここまで本当に色んな苦しいことの連続でした。

すべては自分の責任で、人のせいではありません。

悩んでいても、苦しいからと言って愚痴をこぼしても、時間は過ぎていきます。

そうやってネガティブに過ごしても、過ぎ去る時間は、みんな平等で同じです。

周りのメンバーがすべて去って行き、落ち込んだこともありました。

「死ぬまでの残された時間は限られてるし、くよくよして過ごすのはもったいない」そう思い自分なりに頑張ろうと、気持ちを切り替えました。

そしてどうせ身を粉にして頑張るなら「私を信用信頼してくれる人のために頑張りたい」とも思いました。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

無料相談受付中

悩んでいる方や行き詰まり感がある方、なんでも相談に乗ります。

また原理原則に基づいたやり方を推奨するNBCスーパープレミアム会員の内容を聞きたい、相談したいとの問い合わせなどにもお答えしたいと思います。

まずは、無料相談をお気軽にお申込みください。

 

基本はZOOM通話になります。

対面相談は東京のみとさせていただきます。

下記お申し込みフォームより申し込みください。

面談お申し込みQRコード

 

 

中国輸入ビジネスのご質問やご相談等は無料でさせていただきます。 LINE@をご登録後お気軽にお問い合わせ下さい!

 

友だち追加

 

 

 

2018年12月17日