中国輸入の仕入れ先としてアリババのメリットデメリット

新しい情報や役に立つ情報をLINE@のほうでも配信しますのでご登録宜しくお願いします。

LINE@友達登録

 

NBCのセミナーのお知らせです。

【セミナーのお知らせ】

2月 9日(土)大阪 2月17日(日)東京

上記の日程でセミナーを開催します。
増え続ける中国人セラーに勝てる唯一無二の考え方や初心者でも3か月で売上が10倍に伸びたやり方などをお話します。

申込ページ内容をよくご覧になって是非ご参加ください。

NBC中国輸入OEMセミナー詳細ページ

今回はアリババについてですがこれを読まれてる方にはおさらいかもしれませんが簡単にメリットデメリットや工場が窓口の店の見分け方などについて説明します。

アリババやタオバオから仕入れる場合は問題発生時とかに相手先との交渉を代わりにしてもらう事も考えて信頼できるパートナーか信頼できる輸入代行業者さんを通す方が確実です。

梅桜貿易有限公司の周さんが挨拶動画を撮ったのでUPします。

周さんはこの約30秒の動画と春節のためにまつ毛のエクステと眉毛を整えたそうですが、クレヨンしんちゃんみたいだと言ったら泣いてました笑

仕入先としてアリババのメリットデメリット

メリット

・工場が窓口の場合姿勢やその他が良い場合は、OEMまでスムーズに行ける
・タオバオと同じ商品が安く売られている(品質は確かめた方が良い)
・値段やその他条件変更、不良品の対応に乗るとこが多い

デメリット

・3個以上とか1個から買えない店が多い(MOQ、ミニマムオーダークォンティティ、最小発注単位の問題)
・品質に関して良くないとこも多い
・在庫が切れたり一部の記事や部品が変わる場合がある
・不良品発生時や納期や在庫がないのにあるとかのウソを言ったり等の対応の悪い店(というか人による)

 

以上のことからテスト仕入等で売れ行きを確かめながら利用していくのが良いかと思います。

売れだして大きく仕入れたい場合や、カスタマイズしてOEM化する場合には、やはり工場などが窓口の店と取引するのが良いかと思います。

そしてOEMを仕掛けるなら時間があるなら直接現地へ出向き、担当者や責任者に直接要望を伝えるのが良いですね。

 

 

アリババHPから相手先の信用情報を得る

そして一番気になるのは、画面の向こうにいる相手先が信用できるかどうかだと思います。

それをアリババのHPから工場が窓口なのか、会社の規模や資本金はいくらかなどある程度の情報を得ることができます。

ただし、それらはあくまでも目安ですので、やはり直接取引やってみないとわからないと思っておくのが確実ですがHP上の情報は、多少参考にはなります。

DAISUKE
まず工場が窓口かどうかですが、HPで確認することはできますが、これもOEMとかで直接行かないといけなくなったら代行さんやパートナーの方に確認してもらうのが確実です。

工場が窓口とうたってるけどアリババの口座ごと売ったりして内容が変わる場合があるので会いに行ってみたら工場でなかったという場合もあります。

なのであくまでもすべては目安だということです。

それが中国です。

中国輸入を始めたやまちゃん
なるほど~ 日本とは商習慣も考え方も全く違うんですね
DAISUKE
そうです。中国は似て非なる国だと言うことを忘れないでください。

日本ではあり得ない思わぬことが起きるという事も頭に入れておかないとストレスがたまります。

 

中国輸入を始めたやまちゃん
今後の役に立ちましたーー 

 

アリババHPからその店が工場が窓口かどうかの見方

まず工場が窓口かどうかの見方ですがアリババのHPから旺舗档案もしくは、公司档案と言うタブから経営摸式をみます。

経営摸式はトップページに出てる場合もあります。

旺舗档案はお店の提出文書内容みたいな意味ですね。

そこには信用ランク付けや資本金、従業員数規模、そして卸問屋形式か工場が窓口かOEMを受けるかなどが書かれています。

その該当の漢字をここでは日本の漢字で説明していますが、中国の漢字と少し違いますので、似てるものを確認してください。

経営摸式 問屋さんか工場窓口かなどお店の形態ですね。

経鎖批友は問屋さん形式です。

生産厂家は工場が窓口です。

 

 

ほぼこの2つの形式になります。

なので将来OEMを目指すのなら生産厂家の形式の店から仕入れることをお勧めします。

そうでなければ形式にこだわらず、テスト仕入して見て、品質が良く問題に対して対応が良い店を選ぶのが良いかと思います。

もちろん生産厂家でも品質や問題対応が良い店を選ぶのは当然です。

是否提供加工定制 OEMを受けるかどうか

主管行業 主な取扱商品

等々になります。

 

まとめ

アリババから仕入れる場合、工場が窓口の生産厂家を選びテスト仕入で品質や問題対応を確認し、売れ筋になればOEM化を考えていきます。

そして大きい数量を発注するなら、現地まで出向き、相手先と会い直接工場を見てるのが確実です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう