中国輸入ビジネスに必須の中国へのお土産の選び方とは?

中国へNBC義鳥合宿に行ってきました。

出発前まで毎日のように面談がありましたのでお土産を買いに行く時間がありませんでした。

やっとスケジュールが空いたので中国へのお土産を買いに山手線に乗って新橋にある巴里小川軒のレーズンウィッチを予約して買いに行きました。

元祖レイズン・ウィッチ

東京に来て初めて食べたときの衝撃が忘れられず時々思い出したように手土産にしてました。

ただレーズンウィッチはバターがキモでその風味が損なわれてはいけないとのことで冷蔵しないといけません。

そして賞味期限は5日です。

なので持ち運びが面倒なので関西人にはあまり馴染みがありません。

そしてわざわざ賞味期限が短く冷蔵しないといけない土産など中国に持っていく人は少ないと思います。

でもこれを何とかして中国で世話になってる方に一口食べさせてあげたいそう思い悩んだ末持っていくことにしました。

しかしそのお土産の一つを渡すAKFの孫さんと会うのは2日後です。

 

行ったらこんな風に迎えていただきました。

正直少し恥ずかしかったけど中国式ですかね

レーズンウィッチは冷蔵庫が必要

渡すまでに日にちがあるので保存には絶対的に冷蔵庫が必要ですが泊まったホテルの部屋は言わないと冷蔵庫がありません。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、室内
DAISUKE
ホテルの人に持って来てとお願いしました笑

一緒に中国へ行くNBCプレミアム会員のメンバーにも1口づつと梅桜代行の代表周さんの息子にも1口当たるように買いました。

中国輸入の拠点には自分用マグカップがあると嬉しい

久しぶりに自分の分も1口食べたい気持ちになり珈琲と一緒に食ったらうまいかといつものごとく妄想しだしました。

私の場合もうそうなると止まりません。

まず持ち運びに便利なモンカフェの珈琲パックを買ってもっていくことにしました。

 

もしかして事務所引っ越したばかりなのでコップがないかもと思い聞いてみると紙コップはあるとのことですが紙コップではドリップの珈琲パックは淹れにくいのではと思いました。

じゃぁマグカップいるんちゃうかと思いました。

そして自分用のマグカップが事務所にあったらええなぁと思いました。

日本で仕事するのとほぼ同じ環境なら仕事もはかどります。

サーモスの真空断熱マグカップ

Amazonを何気に見ると中国人に絶大な人気ブランド、サーモスの真空断熱でいいのを見つけ急にほしくなりましたが翌日の朝6時に出発なのでAmazonで頼むのはもう間に合いません。

近所どっかないかとあちこち電話しまくりました。

御徒町の多慶屋さんにそのサーモスの真空断熱マグカップ1個づつだけ在庫があるとのことでしたので「今すぐ行くわ」と電話を入れてジョギングがてら走って多慶屋さんまで買いに行きました。

2つの色で迷いました。

迷ってるうちにいつも手伝ってくれて、お世話になっててよく義鳥に仕入に行ってるプレミアム会員3期の和歌山のKさんも珈琲好きなのを思い出しました。

プレミアム会員に入って売上3倍に伸びたプレゼントとしてKさんにも義鳥の事務所に自分専用マグカップがあれば喜ぶかと思いその迷ったもう1個あった色違いも一緒に買いました。

中国の土産か自分用かなんかわからなくなってきました。

子供のころの遠足と同じでワクワクします。大人の遠足状態になってますね。

プレミアム会員入会面談

NBCプレミアム会員の募集は終了しましたが途中からでも参加したい検討しているから相談したいとの問い合わせが以前より何件か
ありましたのでまず無料相談を受ける事にしました。

対面相談は東京のみとなります。

悩んでいる方や行き詰まり感がある方なんでも相談に乗ります。

そしてNBCプレミアム会員に関心のある方は下記お申し込みフォームより申し込みください。

プレミアム会員参加申込相談個別面談受付お申し込みフォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S25581119/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう