気まぐれAmazon中国輸入ネタ⑭

昨日は神田で打ち合わせしましたが酒と雰囲気のせいで途中から

いつものパターンにはまってしまいました。

 

またもや適当打ち合わせw

気合入れなあかんのに肝心なことを話すのいつも忘れる。。

 

けれどこの必殺気楽極楽打ち合わせパターンおもろいし、これでいけたら最高やし

 

もしかして自分で勝手に確認しまくらないと物事はすすまないものだと

思いこんでたけれどやる人がやる気さえあればほっといても進むもの違うかと

ふとおもい

 

いちいち気にしないことに決めました!

 

昨日の相手から中元さんが今のスタイルからブレたら俺は目の前から去りますと何回も

プレッシャーをかけられ俺は彼にマインドコントロールされていってんのかとおもいました(笑)

 

今日は今日で昨日の酒で昼間の約束をころっと忘れ、大幅遅刻で約束の場所に向かいました。

相手が優しい人なのでよかったですw

 

昼のランチ打ち合わせでは珍しく酒無しでした(笑)

 

嘘やろと思われるかもですが酒は好きでも嫌いでもありません(笑)

俺基本的に家で飲まんし正月に買った缶ビールまだ冷蔵庫にはいったままやしw

 

飲むのはいつも楽しい人たち相手なのでそれはそれで好きかもしれません

しかもほとんどが年下の実力者なので気合負けしないようにしないといけません

 

俺はある意味古い考えなので時々男の意地がかかります(笑)

おっさんはおっさんなりのちっぽけなプライドがあります。

 

無茶をしてきたことなど何の自慢にも成りませんが人生経験の場数では負けません(笑)

 

人生で夢を実現することやお金を頑張って稼ぐことは本当に素晴らしいことだとおもいます。

けれども、どこを目指すのかなど目標設定は本人が決めるものやし、それを稼いだ額などの物差しで計って

人の価値を決めること俺は大嫌いです。

 

 

世の中のきれいごとや甘い言葉の裏には隠された仕組みがあります。

 

知らないうちに甘い言葉でバビロンシステムに組み込まれ搾取する側と搾取される側が決まってしまいます。

俺はできることならどちらの側にもなりたくはありません。

 

俺なりの独自の人間判断方法を話しますと、きっかけはなんでもいいのですが、

もし何かで知り合った相手の人が偶然隣に住んでいて

例えばお金というもののない世界で何の利害関係もなかったら隣に住んでるその人のとこに遊びに行くのか行かないのかと考えます。

 

するとその判断の過程で元々お金がない世界ですのでお金あるなしなんて関係ないし相手に対して何の利害関係もないので

自分にとって相手のことがシンプルにどうなのか見えてきます。

 

簡単に言うと相手の本質が自分にとってどうかだけが重要だということです。

 

 

純粋にその人と同じ時間を共有したい楽しみたい笑いたいと思うから遊びに行くのであって嫌なら何の利害関係もないし

いくら隣に住んでてもわざわざ遊びに行くことなどありません

 

またそういう相手は素直に信頼できるでしょうし自分自身も心を開くことができると思います。

 

それはうまくは言えませんが嫌かどうかの判断はもしかすると相手の人から伝わってくる周波数、波動と

自分の周波数、波動が共振するかどうかなのかもしれません

 

不思議なことに今俺の周りにはその隣に偶然住んでて遊びにいきたいとおもうような

仲間が集まってきています。

 

綺麗な女性がわんさか来られるのも最高ですが俺は何故かそういうことは

いつも時々見る夢の中だけのことで

現実はいつも男ばかりが周りにいます。(苦笑)

 

昔店をやってたころあまりに店に男ばかり毎日来るので従業員の女の子に

ホ○疑惑をかけられたこともありました(苦笑)

これからも笑って楽しくよい波動をだせるように生きたいです。

 

 

 

では続きいきます。

⑬自社出品で頑張っているがもう限界 愚痴も出ません

に対してですが

これはある人から1月始めごろ相談を受けたときの言葉をそのまま書きました。

去年の3月ごろの話ですがFBAでは利益が出ないので自社発送にしたら結果が出た。

自社発送はおいしいよと言われてその方は俺に自社発送を勧めてました。

 

俺は人手もなかったことと特に自社発送をする考えがなかったのですがなるほどなと

おもいながらその話をよく聞いてました。

なのでその方のやり方を見るとソーホー等で見つけた外注さんにリサーチを委託しすべて相乗りFBA作戦だったのが

自社発送の作戦にきりかえただけで特に自分で新しい商品を探したりそれを新規出品されてた訳ではありませんでした。

 

「ノーブランド品」という言葉が出だした夏まえごろから急激に出品参入者が増えた気がすると

言い出されて人民元高と販売不振で11月ごろより否定的な言葉を発する回数が増えてきてました。

 

12月も芳しくなかった様で年明けにもう資金の限界だと話されていました。

 

利益率が悪いとよく言ってました。現在は在庫を整理して建て直しを図って頑張られてるようです。

コンサルティングしていたわけでないので話を聞くだけで特に掘り下げて意見は言いませんでした。

 

商標権はとったほうがいいとおもいますとは言いました。

 

俺自身自社発送はやっていないのでなんともいいがたいのですがひとつ言えるとしたら

クロネコヤマトメール便やゆうぱっくの安さに依存しているとその異常な安い値段はいつか正常に引き戻される恐れがあると言うことですね

クロネコメール便は信書の関係上3月いっぱいで廃止が決定してますね

 

現状の価格を維持するのは無理なので取引を見直してほしいと言われることもあるかも知れません。

 

うちも運送屋さんにはことあるたびに値段を検討しろと話し何度も交渉して安い運賃で運んでもらってますが

いずれどこかで見直しされる可能性も含んでいるということも想定していないといけないかもしれません

 

商品本体ではほとんど利益が取りにくい状況で運賃の安さに頼る余裕のない作戦は

昔大量に在庫を右左に動かし1個に対し10円乗せとかで利益率ではなく1個に対し

何十円で走っていた人たちを思い出しました。

 

今一人もその人たちが生き残ってないところを振り返るととやはり商品本体や販売方法で

価値を高めて適正な価格で販売していく努力をすべきではないかとおもいますね

 

2月22日(日)中国輸入貿易実践者の集まりならではの旧正月があけて新年会&新中元組の設立発表会詳細を今週中にお知らせしますので

みなさん宜しくお願いします!!!

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.