Amazon中国輸入更なる激変の第一弾とは!?

新元号が令和に決まり来月はもう平成ではないのが不思議な感じです。

でも新元号は、新しい時代になる事をはっきり認識させてくれますね

わくわくしてきました。

昭和平成令和と経験でき次の時代にはもう生きて否かもしれませんが、私も新しい時代に頑張ってついて行きたいと思います。

 

令和時代におけるAmazon中国輸入の今後とは!?

 

そしてAmazon中国輸入は今後更なる激変が予想されます。

その第一弾としてAmazonがブランドを持ってる会社自身に排除する権利を与えるテストを始めたそうです。

ForbesJapan 2019年4月1日記事より引用

向かうところ敵なしのアマゾン。その強さの理由のひとつは、消費者を囲い込んだだけでなく、自分たち単体ではマーケティングができない無数の中小企業を味方につけたことだとよく言われる。

つまり、アマゾンにまったく関係ないメーカーや商店が、同じものを売るアマゾン本社と同じアマゾンのサイトで呉越同舟するという、それまでになかったビジネスモデルが、消費者に圧倒的な利便性(価格の比較など)を与え、それが多くの支持を得たのだ。

同社が「マーケットプレイス」と呼ぶ、2000年に始まったこのプラットホームビジネスには、本国のアメリカだけでも100万社以上の中小企業がEコマースとしてぶらさがり、これによって90万人分の雇用が生まれ、さらにこのなかの2万社はマーケットプレイスで1億円以上の売上を上げている。

高まるアマゾンの「場所貸し」の責任ところが、このビジネスモデルは、近年、訴訟リスクが高まるようになり、アマゾンのアキレス腱となってきていた。すなわち、開かれたプラットフォームであるがゆえに、中小企業が自由に参入するため、偽物ブランドを売りつける悪質業者があとを絶たないのだ。

アマゾン側の参入審査はあるが、出品物を全部チェックすることは不可能だ(日本でも去年、人気コミック「ゴールデンカムイ」最新刊の海賊版がキンドルストアで販売されていることを出版元が見つけてアマゾンに連絡するという事件があった)。ただ、偽物をつかまされた消費者は、マーケットプレイス保証という制度を使い、申請によって返金を受けるので、損はしない。

ところが、偽物を売られている元の会社は間接的な被害を受けている。得られるべき商機を失うし、違法な競合商品によって価格を押し下げられる。さらに、偽物と気がつかない人を中心に、自社製品の品質が低く認識され、ブランド力が下がる。

また、元の会社自身がアマゾンに出品しないかぎり、偽物があたかもホンモノのようにサイト内で扱われることのコストも忘れてはならない、とロサンゼルス・タイムズは報じている。「例えてみれば、あるハンドバッグを緑色の仕様で売り出したいと思い、広告宣伝に投資しているのに、よくできたニセモノとは言え、赤色のバージョンをアマゾンに載せられるのは二重の意味で最悪だ」ということだ。あるいは、「もっと安く売られているのに(偽物とは気づいていない)、高く売りつけられた」と、顧客の不満も不当に膨らむ。

偽物ブランドの販売はもちろん法律違反であり、アマゾンも厳しい態度で臨んでいる。とはいえ、それだけでは元の会社は収まらない。彼らの言い分は、場所を貸す方、すなわちアマゾンにも一定の責任があるというものだ。

ところが、場所貸しの責任までは負えないということは、アメリカではほぼ判例として固まっている。古くは、2010年に、オークションサイト世界最大級のEbayが、偽のティファニー製品の売買を見過ごしたとして訴えられたケースがあったが、上級審でEbayの無過失が確定している。
そういうことで、アマゾンもこれまで基本的に無過失を主張して、この手の抗議には耳を貸さなかった。しかし、ますます同社の小売・流通業への影響が大きくなり、さらに、マーケットプレイスにはアマゾンの倉庫から出品しているものもあり、責任はより重いはずという見方が広まってきた。

昨年と一昨年、ダイムラー・ベンツが、ベンツの部品の偽物がマーケットプレイスで売られたことをもってアマゾンを訴えた。その請求原因(訴訟理由)には、「アマゾンが商標保護に十分な策をとるよう求めたことを拒否したから」(テクノロジーブログ:Engadget)とある。

ダイムラー・ベンツは、調査会社が3万2千件もの商標保護違反を指摘したにもかかわらず、アマゾンはそれに対して努力不足であり、また、アマゾンの倉庫からアマゾンによって出荷されていることは、通常の場所貸しとは違うとしている。

そこでアマゾンは、3月、「プロジェクトゼロ」なるものの立ち上げを発表、重い腰を上げた。これは、偽物があったらアマゾンが報告を受けて、同社がサイトから偽物を降ろすという従来の流れを変え、ブランド会社にアクセス権を与え、偽物を直接マーケットプレイスから降ろさせる機会を与えるというものだ。まずはブランド会社15社を実験に招き、その後拡大すると発表している。

13兆円を売るアマゾンの3分の1はマーケットプレイスによるものであり、この強みを生かすための画期的な技術だと、この新たな試みについてCNNは報じている。

しかし、一方で、ブランド会社がこの権利を濫用して競合他社を不当に排除するという懸念も生まれる(合法的な類似商品までニセモノとして排除してしまう)。これはアマゾンにとっても大きなリスクだ。ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、アマゾン側は、このプログラムを丁寧に監視して濫用を防ぐと言っているという。

これはついに私がいつも言っているブランドセラーを保護していく一環として遂に重い腰を上げ偽物などの対策に乗り出したという事です。

となるとどうなるかですが,まず偽物まがいを平気で売ってきたセラーのほとんどが中国セラーなので程度の低い中国セラーは一掃される
と思います。

あと微妙な権利侵害を犯している相乗りセラーも、アカウント閉鎖は確実になります。

これはアメリカアマゾンでテストしているのでしばらくして日本に必ず来ます。

ノーブランド品をプライベートブランドとして新規出品販売しているブランド登録のないセラーは、事実上蚊帳の外に置かれる可能性が高いです。

それまでに通行手形であるブランド登録を至急にしておくことが必要です。

https://nenkue.com/tag/amazon%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%99%BB%E9%8C%B2

NBCがオススメ代行業者さん

 

梅桜貿易有限公司問い合わせ

このブログを見たとお伝えください

ブログ読者様特別優待になります。

http://www.yiwuumeisakura.com/contact.html

梅桜代表周さん挨拶動画

相乗り出品のリスクを感じNBCに入会後OEMに取り組む上村さん動画

中国輸入ビジネスのご質問やご相談等は無料でさせていただきます。 LINE@をご登録後お気軽にお問い合わせ下さい!

 

友だち追加

 

原理原則に基づいたやり方を推奨するNBCプレミアム会員の内容を聞きたい、相談したいとの問い合わせが以前より何件かありましたのでまず無料相談を受ける事にしました。

対面相談は東京のみとなります。

悩んでいる方や行き詰まり感がある方なんでも相談に乗ります。

下記お申し込みフォームより申し込みください。

プレミアム会員参加申込相談個別面談受付お申し込みフォーム

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう