2016最近の動き

最近でなにが大変かというとメルマガの文章を考えることです。

メルマガは大きい枠で話があっちこちに飛んで訳わからんと言われる意見と文章長いけど読み込んだら

めっちゃ面白い知らないことをたくさん教えてもらえるなどそこそこ反響が来てます。

 

過去の経験と今思う事など皆さんと違う人生を歩んで来た僕の話が僕と同じ失敗をしないように少しでも役立てばと思います。

俺は情報発信者??

今日は最近の動きについてですが周りで表立って見えてる事について話したいと思います。

 

まず先日の話ですが僕は現役プレーヤーなのでとあるセミナーに勉強させていだこうと申し込んだら情報発信者の方はお断りしますと返信メールに書かれていました。

自分自身では情報発信者だという自覚はないのですが他人から見ればそう見えるかもしれません

で言って断られるのは気分もわるいしかっこ悪いので行っていいすかとメールを打ちました。

 

で結局断わられましたが主催者の方は一度もお会いしたことのない方でしたが相手の方も俺の参加を断るのはさぞかし気を使ったやろなと思っていました。

何故なら僕が逆の立場ならどうしようと思ってたからです。

 

でも他から見たら情報発信者なんやなとその時自覚しましたね。

 

しばらくして別の方のセミナーにお邪魔した時その主催者の方から

「こうこうこういう経緯でそうなったと伝えてほしいと言ってますよ」

と来たので相手の方に気遣わんといてと気にしてないしまた会えばよろしくと伝えておいてねと言いました。

断られて少し落ち込んだ

断られたセミナーのノウハウはある程度知っていたので答え合わせで行こうかなと思っただけですがやっぱり断われれると俺なんか悪いことしたかなぁと思ってしまいます。

でも気にしたら相手にも悪いしまぁいいかと少しの落ち込んだ気持ちをやり過ごしました。

 

僕は事務局との約束で情報発信者と呼ばれる方たちと付き合いしないでくださいとNBC立ち上げの時に約束したので頑なにその約束を守り単独セミナーの集客やNBC立ち上げ以降のイベントの集客は凄く苦労しました。

なぜならイベントの紹介をしあったり顧客リストを共有したり交換したりは一切していないのでほんといつも苦労します。

助けてもらったのはお金儲けでない最初のBBQと神戸の船上の時だけですかね

 

その両方のイベントの目的は同じ方向向いてる仲間に交流してもらうことで信じてもらえないかもですがそこから利益を上げようとは思いませんでした。

赤字も正直過去何度かありました。

Amazon中国輸入が苦しくて他へ

このブログを読まれてる方のほとんどが自社サイトAmazon楽天ヤフーショッピングとヤフオクメルカリ等のフリマ系ポンパレグルーポンなどのどれかの戦場で戦われてると思います。

そのノウハウなどについて去年の今頃はQoo10でしたが今はメルカリを無在庫で売ったりBUYMA等Amazon中国輸入有在庫以外の情報を発信してる方が多いです。

 

何故か考えて見ると円安が進行し出した2014年の後半ごろから徐々に大半の方がやられてたタオバオから仕入れてたくさん商品数を広げて在庫は少なくやるやり方がうまくいかなくなってきだしたからではないかと思いました。

 

そこに更に追い打ちをかけるがごとくアルゴリズムの変化やグローバルセリングチームによる中国からのセラーの日本アマゾン進出サポート等競争が激化し売上が激減したとおっしゃられる方がものすごく増えました。

 

なのでメルカリ等の新しいネタが出てくることは当然かと思います。

今こそ頑張るべき

でもよく考えて見ると今後2~3年のアマゾンはさらに伸びていくと思われ顧客を大事にしてよく売るセラーはセラーカンファレンスでもわかるように優遇していくと思います。

 

なので少し先を見ていましんどくても今がチャンスととらえ生き残っていくために頑張るべきではないのかと思います。

最後に

今日は真面目にいきましたが更に深く掘り下げブログで書かない面白い話や役に立つ話、為になる話、ならない話w等メルマガで書いていこうと思います。

興味のある方メルマガ登録してみてください。

 

DVD動画&セミナー勉強会沢山の申し込み有難うございます。

大阪会場はもうすぐ締め切ります。

◆こちらは↓一般向け購入ページです◆
https://nbclub.jp/nbc/dvd%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%94%A8/

NBC会員入会後はDVDをお得に購入できます。

◆NBC入会ページ◆
https://nbclub.jp/nbc/

◆NBC会員様限定DVD購入ページ◆
https://nbclub.jp/nbc/dvd2016/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう