中国輸入Amazonリサーチで見つけた商品をブランド登録OEM化する方法とは?

前回までで現状のAmazon中国輸入リサーチで意識しないといけないポイントを書きました。

今回はそのリサーチで選んだ商品をどうやってプライベートブランド化してブランド登録OEM化までもっていくのかをお伝えしたいと思います。

アマゾンブランド登録には商標権取得が必須条件

まずその前に日本のAmazonブランド登録をする際に絶対必要な条件として去年新しく商標権取得が必須となったことを知っておかないといけません

最初ブランド登録の資格要件が変更になった時標準文字商標以外はダメという変なルールでしたが現在はロゴ商標もOKになっています。

余談ですが私はロゴ商標だったので新しく変わったブランド登録を通すために焦って標準文字商標も取得しました。

焦らず待つべきでしたかね笑

 

日本のAmazonブランド登録での資格要件

 

・商標登録機関:日本国特許庁
・法律:商標登録が有効である必要があります。
・ テキスト商標:文字商標
・画像商標:文字要素を含む図形商標、デザイン文字/結合商標

Amazonブランド登録の詳細

商標登録まで早期申請なら3か月ぐらい

 

NBCプレミアム会員の方の商標登録権利取得実績ですが早期申請をし大体3か月程度で権利取得できています。

Amazonで無在庫転売や有在庫転売でなく継続して販売をしていきたいのであれば商標権取得は必須ではないかと思われます。

 

まとめ

商標権取得後リサーチで見つけた商品をオリジナルプライベート商品にしていきAmazon上でブランドとして認めてもらうことが重要です。

副業専業かかわらず中国輸入アマゾン販売ではこの段階を経ていくのが正道ではないかと思います。

NBCではただ売れたらいいのではなくリサーチも含め継続性を基本にしていますのでこのやり方を勧めています。

因みにNBCがお勧めしてる弁理士事務所ですが,私が2012~2013年頃のAmazonで相乗り排除の時代の頃からお世話になりNBCトラスト会員勉強会などで不正競争防止法などの解説に来ていただいてるスカイ特許事務所さんをお勧めしています。

 

次回はアマゾンでのプライベートブランド化についてお伝えしたいと思います。

 

中国輸入ビジネスのご質問やご相談等は無料でさせていただきます。 LINE@をご登録後お気軽にお問い合わせ下さい!

 

友だち追加

 

——————————————————————–

NBCプレミアム会員の募集は終了しましたが途中からでも参加したい、検討しているから相談したいとの問い合わせが以前より何件かありましたのでまず無料相談を受ける事にしました。

対面相談は東京のみとなります。

悩んでいる方や行き詰まり感がある方なんでも相談に乗ります。

下記お申し込みフォームより申し込みください。

プレミアム会員参加申込相談個別面談受付お申し込みフォーム

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう