お知らせ

中国輸入OEM Amazon販売特訓セミナーを参加費無料で開催します。
詳細をご確認ください
 

中国輸入OEMAmazon販売特訓セミナー 開催日時

Amazon中国輸入OEMを学びたい方向け
2022年8月 19日(金)19時~22時 ZOOM オンライン
2022年8月 20日(土)11時~14時 ZOOM オンライン

Amazonブランド登録

Amazonブランド登録で困ってる方へ!Amazon新ブランド登録が承認された経緯とは?

2018年1月20日

アマゾン新ブランド登録その後ですが試行錯誤の末承認されました。

9月の新ブランド登録再開後、自分が通してないのに人に教えられないのではと指摘されました。

まさにその通りですが通せない理由がありました。

9月に再開後最初標準文字商標でないと受け付けてくれないという事(私はロゴ商標でした)とAmazon自体の体制が整ってなかったことで2回申請しましたが不可解な返答で承認却下されました。

11月にブランド登録のページの変化に気づいた

 

すぐにスカイ特許事務所さんの所長に会いに行きなぜ標準文字商標でないといけないのかを確認しましたが先生はAmazonにも直接連絡を入れてくれましたがAmazonから的を得た回答をもらえませんでした。

そうして10月が過ぎ11月にはいり現在のブランド登録について色々見ていくうちにブランド登録のページの文章が最初の文章と変わっているのに気づきました。

「現在Amazonで受け付けているのは、有効な文字商標、またはブランド名と画像が組み合わされた商標(商標の名称・称呼が表示されたもの)に限られます。商標は、アメリカ合衆国、カナダ、メキシコ、インド、日本、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリス、EUの各特許(商標)庁が発行したものでなければなりません。」

 

DAISUKE
これですね↑  なのでAmazon内では中国の商標は現時点で有効ではないという事ですね

まずこれで中国セラーはこのどこかに入る特許庁の商標を権利保持しているか権利取得しないとブランド登録が承認されないことになったなと先日のセミナーで話しました。

そしてその後というか11月18日の福岡セミナーの後にまた変わっていました。

焦って申請は痛かったのか?

私は以前のブランド登録は登録されていましたがロゴ商標だったので9月にブランド登録の受付が再開されたあとあわててすぐに標準文字商標で申請しました。

早期申請もしたので費用は大方12万円です、もしかまた変更になったら痛いなと思いましたが、それはそれ遊んで使ったと思えばいいかぐらいに勝手に納得して申請しましたが実際予想が当たりました泣泣

下記に変更になってました。

「現時点では、Amazonブランド登録にブランドを登録するには、文字商標、または文字商標と図形商標(イラストと語句、文字、または数字で構成)を組み合わせた形式の登録商標が必要です。その登録商標は、商品/商品のパッケージに印刷されているブランド名と一致していなければなりません。」

9月の時点で標準文字商標しかダメだったのに図形商標(ロゴ商標)が行けるように変わっています。

ただし現時点という最初の言葉が気になりますが。。。

この文章を見てダメもとで速攻申請しました。

するとしばらくして商標権者確認IDコードが送られてきてそれを送り返して10日ぐらいでブランド登録承認のメールが来ました。

権利侵害をより厳しく対応するようになった。

またこれとは別の事でテクニカルサポートとやり取りした事で気づいた事がありました。

先程のブランド登録のHPの最後の文章

>Amazon ブランド登録のユーザーアカウントがなくても、知的財産権の侵害が疑われる問題を報告できますか?

「はい。Amazonは著作権、商標、特許などの知的財産権の侵害が疑われる問題を報告するための権利侵害申告フォームを公開しています。申告フォームはこちらからアクセスできます。」

うちがモデルを使い外注で撮った写真を盗用している中国セラーを先日、見つけました。

対応に苦慮しましたがこれもダメもとでテクニカルサポートに連絡すると権利侵害の申告を勧められその通りにすると見事に削除されAmazonから相当怖いメールが届いたのかその後当該セラーからお詫びのメッセ―ジが来ました。

確信犯なので無視しました。

万引きして見つかったからパクった物は返して謝ったから許してくれやみたいな話ですよね

これら一連の事から推測するに権利や法律に対しAmazonは保護遵守する方向に一段ギアチェンジしたように思われ
(元々のテーマだったのかもしれません)それが今後参入障壁に必ずなりますね。

OEMはなにか特別な事をすると思われがちですが付加価値をどこまで追求できるかだと思います。

新ブランド登録はそれを援護射撃するものだと思います。

プレミアム会員の方にはどうやったら承認されたかを伝えたいと思います。

ご質問お問い合わせは下記までお願いいたします。↓

--------------------------------------------------------------------
新中元組 NBC Nakamoto Business Club 運営事務局

お問い合わせご質問メールアドレス

bbqmail2014@gmail.com

(お問い合わせご質問は必ずお名前をご明記ください)

無料オンラインセミナー開催

2022 年オンラインセミナーを開催いたします。
内容は日程別で中国輸入で月収10万を継続的に稼ぐために何が必要なのかと日々変化しているアマゾンというプラットフォームで継続的に販売しOEM販売までどうつなげてどうすれば確実に稼げるのかを話します。
別日程で今後中国輸入やEC市場で確固たる立ち位置を確保するために認証をとった商品を輸入する許認可申請について解説し希望者の方の相談を受けたいと思います。
アマゾンにおけるブランド登録が中国輸入オリジナルブランド販売をやるために必須でアドバンテージが大きく有利なのはみなさんご存じかと思いますが認証をとるのは手続きや現地のラボとの交渉など色々難しくハードルが高いです。
しかしその難しさに見合う参入障壁の高さは皆さんの知るところだと思います。
アマゾンを見てみても輸入許可認証を受けて販売しているセラーは見渡す限り少なく次の一手は認証を受けた商品を輸入販売することだと思います。
まずはセミナーに参加検討してみてください
ZOOMでのオンラインセミナーとなります。

■セミナーの詳細■
参加費無料です。
中国輸入OEMAmazon販売特訓セミナー 開催日時
Amazon中国輸入を学びたい方向け
2022年8月 19日(金)19時~22時 ZOOM オンライン
2022年8月 20日(土)11時~14時 ZOOM オンライン

  • この記事を書いた人

中元大輔

ブログにご訪問していただき
有難うございます!!

このブログでは老後も中国輸入で稼ぎ収入を得たい方へ役立つ情報や悩みを解決できる情報を中国輸入歴30年の中元大輔が丁寧に解説しています。

「老後も月収30万を稼ぐ中国輸入が学べるブログ」の管理人で輸入貿易業・中国輸入コンサル業・NBCトラストメンバーズコミニュテイ代表の中元大輔です。

中国輸入歴30年間の経験を活かし現在中国輸入ビジネスを展開し自由に生きています。

中国で仕入れた商品をAmazonや楽天などのプラットフォームで販売し継続的に収入を得るやり方を教えています。

その教えた方々約30名を集め信頼関係を重視したNBCトラストメンバーズというコミニュティを運営しております。

これからも有益な情報を発信していきますのでどうかよろしくお願い致します。

-Amazonブランド登録
-, , , , ,