緊急 Amazonゾンビ詐欺対策!出品者がとるべき対策と購入者が注意するべきポイント②

 

まいど中元です。

前回は購入者の方々が注意しないと(安心して買い物してほしいのに泣)いけない事について比重を置いて書きましたが今回は私が出品者として直接対策を講じた事について書きたいと思います。

対策については前回述べましたのでそちらを見ていただければと思います。

Amazonも対応に苦戦 あきらめず自分でできることはやる

ハッキリ言ってこれはサイバーテロで大掛かりな寸借詐欺と言えるでしょう

 

しかしこのまま指をくわえて傍観したままではどんどん悪い方向に行ってしまいます。

なのでめんどくさがらずにまめに知的財産権の侵害などで申告しあきらめず通報をすることが大事だと思います。

 

昔に相乗り出品者のことをゾンビセラーと呼んだことがありましたが今回の事件はただのゾンビではありません 悪魔ゾンビ犯罪者集団です。

ゾンビの動きに詐欺という犯罪が絡み、しかも被害をこうむる方々が日々増加しているにもかかわらず後手後手でいたちごっこのような状況に陥ってるのが現実です。

 

以前からオリジナル商品の新規出品でいくならブランド登録と商標権取得は必須と詳細をメルマガで発信していました。

こうなる事を予測したのではないですが現在の状況ではそれがない商品は後回しになってるのが現状です。

 

昨日からAmazonに申告して少しわかった事

大量出品や直近の評価がない、自社発送であるという特徴のほかにどうやらランキング上位商品を狙い最安値で出品しているようです。

なのでずる賢く売れていない商品には相乗りしてきません

 

知的財産権の侵害申告

ブランド登録と商標権の2本立てがあれば知的財産権の侵害申告ができます。

もう皆さんご存知かと思われますがこのページからオンライン申告します。

その2本立てについては機会のある時に掘り下げてお伝えしたいと思います。

 

権利侵害に対してはAmazonも優先的に対応してくれてるかと思います。

昨日の夜から10件以上申告しました。正直めんどくさいです。

でもやらないとどこまでいくねんて感じなのでめげずにやってます。

結果を見ていますとかなり迅速な対応されているのが見て取れます。

但し注意しないといけないのは相手にメールアドレスと氏名が行きますのでアップルIDや他で使用していないメールアドレスを使用すべきかと思います。

 

Amazonに通報と出品者に直電話

昨日メールを送信しましたが動きがないので今日テクニカルサポートに電話を入れて見ました。

結果はいつもの対応でした。

「メールで申告してください」「こちらからも担当部署に伝えます。」

新しい技として中古品ほぼ新品で出品してきます。

ただ買ってカスタマーサポートに連絡する作戦は相手の思うつぼなのでやっていませんその後乗っ取られたであろう出品者に直電話してみました。

3軒が話し中であとの1軒は呼び出してもとりませんでした。

電話番号や特商法の記載のない出品者もいました。

以前からの対応で答えが出るのにいつも1か月近くかかって

ましたので今の現状では多分待てど暮らせど回答は来ないのは

確実です。ほんまどないもできません(泣)

でも何もやらないよりは100倍ましです。

 

まとめ

 

悪いカスタマレビューが付く事よりも頑張ってお客様の方を向いて改善した商品をただ安いからで買われた方やその乗っ取られた方まで被害に遭うことが本当に許せません

それともうAmazonでは安心して買い物ができないプラットフォームのレッテルを張られ風評被害で終わるかもしれません

Amazonも頑張ってるとおもいます。

こちら側でできる事は目一杯やる

それしかないと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう