台湾の人々は暖かい①

お知らせ

限定20名!2019年中国輸入Amazon販売特訓セミナーを
参加費無料で開催します。
詳細をご確認ください。


11月4日(月)東京追加開催決定

9月の15日から17日台風18号をかすめるように台北に行って来ました。

プレミアム会員2期の方が台湾に在住という事で、限定セミナーを台北で開催することになりました。

俺は神戸市の鯉川筋今のトーアウエストの周辺で幼少期を過ごしました。

神戸の話

オカンの手違いにより本来神戸幼稚園に行くところが華僑幼稚園に何か月か行かされました。

その後神戸幼稚園に戻る事になるのですが、子供ながら雰囲気の違いに若干の違和感を覚え、何より1人の女の子に追い掛け回された事で華僑幼稚園での出来事は俺にとって軽いトラウマとなりました。

その後その女の子は超美人になってましたが。。。

写真は神戸幼稚園ですがこの時の記憶は全くありません。

可愛い女の子と手をつなぎ何故か呆然としてるのが俺です。

何を考えてたんですかね。

なので神戸の元町周辺は華僑が経営している中華料理屋さんが多くまた北野の方に行くと貿易で財を成した台湾華僑の人が多く住んでました。

同級生や1個上の先輩たちに黄や陳や蔡という名字が多かったです。

家に遊びに行くとインテリアが完全な中華様式で、香辛料のにおいがしていたのが思い出されますね。

ですので子供の頃から台湾慣れしていたというか身近に感じてたという事ですね。

中国がヒリヒリチクチクとしたら台湾は気候のせいかポカポカホワホワとした空気感でした。

台北での目的はセミナーですが、空いた時間をホテルで過ごすのはあまりに勿体ないと思い、いつものように計画を立てました。

今回の台北も、みんなが泊まるホテルから行くレストランまで全て俺が決めました。

インターネットを駆使しみんなが不安なく効率よくいけるために夜遅くまで何度も考えてリサーチし決定しました。

各店の予約の電話はプレミアム会員2期で台湾在住のKさんにお願いしました。

Kさんは本当にいい方で、快く手配をしてくれました。

現地で駐在しているので対応が速くスムーズでしたね。

この場を借りてお礼を述べたいと思います。

色々お世話になり有難うございました。

 

下調べが好き

 

俺は子供の頃から旅行に行く前ガイドブックなどで下調べするのが好きでした。

それに関して少し小学校4年の頃の話をしたいと思います。

1970年に大阪万博が開催されることをニュースなどで知り、万博に行って見たいなあと思ってました。

それで遠足が大阪万博に決まりものすごく興奮したのを覚えています。

学校の前にあった文房具屋さんで、100円ぐらいで売られてたガイドブックを何種類も集め鬼のように事前研究していました。

アメリカ館とソ連館は絶対行きたいとかもう勉強そっちのけでガイドブックを毎日必死で見ていました。

何日かたち遂に遠足の日が来ました。

俺のあまりの熱の入れように、オカンが特別の弁当を注文してくれました。

枕元にリュックと特別な弁当と着ていく服も畳んで置いて万全の態勢で準備したのですが、当日の朝、興奮しすぎたのか謎の腹痛に見舞われ万博には行く事ができませんでした。

昼には何事もなかったように治り、悔し泣きしながら特別な弁当を食べたのを覚えています。

クラスで一番の万博博士になれるはずが、それ以降万博の話には一切反応をしなくなりました。

神戸から会場があった吹田市はそこそこ遠い事と、家が商売で忙しかったことで連れてってはもらえず、万博リベンジを果たすことはできませんでした。

話を戻しますと、いまもそれは同じでどうやら俺は海外や行った事のない所は、事前に調べてから行くのが好きだという事が最近わかりました。

牡蠣オコのはしご

 

賴雞蛋蚵仔煎

台湾台北市大同區民生西路198之22號

営業時間:16:00~02:00

 

前日に初日のお昼何を食べるのか悩みましたが、お茶屋さんに行く事もありその近くで牡蠣の台湾風お好み焼きのはしごをしようという事になりました。

台湾風牡蠣オコは蚵仔煎(オアジェン)と言います。

1軒目は寧夏夜市近くの賴雞蛋蚵仔煎という店で片栗粉が多く少し甘めのたれがかかっています。

70元なので約300円ぐらいですね。

まぁびっくりするほどではありませんでした。

神戸新川にある斉元の牡蠣オコの方がうまいと思いました。

2軒目はこれまた寧夏夜市の真ん中へんにある圓環邊蚵仔煎という50年の老舗に行きました。

圓環邊蚵仔煎

台北市大同区寧夏路46號

営業時間:12:00~14:00/16:30〜翌2:00

こちらの方が俺的には好きですね。

こちらも1枚70元です。

1軒目も2軒目もサイドメニューがあって、牡蠣のニンニク炒めやハマグリスープあともち米ご飯などがあり、どれもそれなりに美味しかったです。

基本お好み焼きのソース味に慣れているせいかソースが欲しくなりました。

台湾風の甘いたれもそれはそれで美味しいですがやはりソース味がいいいですね。

 

その後プレミアム会員の方のリクエストで林茂森茶行というお茶やさんに行きました。

自分の用事でみんな連れて行くのを非常に恐縮されていましたが逆に連れて行ってくれて美味しいお茶も飲めて良かったですね。

そこは元々1軒でやってたのが兄弟げんかして2軒に分かれたそうです。

台北のお店兄弟げんかで別々の店になるの多いですね。

そこで出された冷たい水出しのお茶が美味しかったのでお茶の名前忘れましたがそのお茶を買いました。

150グラムで600元なので牡蠣オコ8枚分です。

林茂森茶行

台北市重慶北路二段195号之3

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

メルマガ登録用バナー

ABOUTこの記事をかいた人

1959年生まれ 兵庫県神戸市出身     2012年より中国輸入ビジネスを開始 2015年よりDMMオンラインサロン主催運営 2016年より中国輸入ビジネスを中心としたNBCプレミアム会員コンサルサポートを開始 2019年9月 現在6期開講中 2018年よりNBCプレミアム会員を中心にしたNBCトラスト会員コミニュティを運営中 自らの経験に基づいた指導経験と失敗検証改善により中国輸入Amazonでの成功ノウハウを確立 最新の成功ノウハウとNBCプレミアム会員の業績向上のためだけを最優先させるやり方により、 爆発的に売上を伸ばす会員が続出 お客様目線の原理原則に基づいた中元スタイルを熱意をもって直接指導を継続中