中国輸入で中国人セラーに勝つためには敵を知り己を知ることが重要

 

中国輸入アマゾンをやられてる皆さんが、仰る不安の種の一つは、中国人セラーの台頭だと思います。

1年前ぐらいまでは、商品説明文や商品紹介コンテンツの日本語がおかしいと、笑ってたことが嘘のように、この2つの事だけ見ても、超速で進化してきています。

他の最適化やライバルを分析する事は、推して知るべしですね。

シンセン等の大都市では、参加費5万円のAmazon日本で稼ぐセミナーに、何百人も集まってくるそうです。

中国輸入Amazonを継続するなら避けることはできない相手なので、覚悟を決め向こうがこちらを研究しているように、こちらも相手を研究して、戦うしか道はないと思います。

中国人セラーに勝つためには己を知って敵を知ること

中国人セラーに勝つためには、己を知って敵を知ることが重要です。

現在中国輸入を在宅でやられておられる方、また副業や専業でやられておられる方、ご自身の商売形態は様々だとおもいます。

まずは現状における自分の立ち位置を理解し、勝つために何をすればよいのか、資金はいくら必要なのか、細かく分析するということです。

転売1本の方やOEMをがっつりやられてる方、稼ぐやり方も同じく様々でないかと思われます。

真似して見つけた売れ筋商品はいつか必ず真似される

そういった現状の中はっきりと言えることは、真似をして見つけた売れ筋商品は,いつか必ず誰かに真似をされるということです。

ライバルも同じやり方で売れる商品を見つけようとしています。

OEMも真似されるまでの時間はかかりますが、やはり意味は同じです。

0円転売などの中国式黒科技小手先手法は危険

それと0円転売などに見る、中国式の小手先戦法も規約に抵触するためこれも長続きしないのは確実です。

0円転売とは、カスタマレビューを書く代わりに商品を無料でもらい、それをメルカリなどで転売する手法です。

グレーやブラックな手法は中国では黒科技手法と言うそうです。

アマゾンにレビューを書いてタダでもらった商品をメルカリなどで転売する手法など継続的に稼げるはずがありません

それどころかアカウント閉鎖になる可能性が高いので、何万円かのお小遣いと引き換えに、大事なアカウントをどぶに捨ててしまう事になってしまいます。

また組織的にやるとアマゾンから訴訟沙汰になる可能性も秘めています。

こういったガイドラインのすきまや市場のひずみをついた手法は一過性のものであると認識しないといけません。

追記 1月31日にAmazonカスタマレビューのガイドラインが変更になりました。

予想していた通りになりました。

参考記事

中国輸入Amazonカスタマレビュー規約変更の内容とは?

在宅で稼ぐには限界があるが方法はある

また一度も中国に行かず、中国や中国人の事を知らないまま、在宅で中国輸入を稼いで伸ばしていくのは、色んな意味で限界があります。

但し、中国に一度も行かず在宅の中国輸入で稼いで伸ばしていく唯一の方法があります。

それは、信頼できるパートナーか代行業者さんとつながり、その人に中国国内の事を全て任せる方法です。

それは目標にしている金額にもよりますが、代行業者さんで検品してもらいそれをFBAに直送する方法です。

ただほとんどの方は、信頼関係が構築できないというか中国と中国人の事を理解していないので、色々な問題から挫折していきます。

ではどうやって信頼関係を構築するのか?

それは似て非なる国中国と似て非なる民族中国人の事をよく知ることが大切です。

まとめ

中国セラーに勝つための3つのポイントは

・ライバルセラーを分析研究する

・良いとこは真似する

・日本人しかわからない日本の市場や日本人の買い物の仕方をよく考えて、自分の商品に活かす。

中国セラーに勝つためには、中国セラーを分析研究しライバルの良いところは吸収して、悪いところは反面教師にしていく、ことが中国セラーに勝つための近道でないかと思います。

次回は中国についてお伝えしたいと思います。

※アイキャッチ画像の答えですが、答えは両方とも承認されるです。

商品のデザインや包装に印字されてるロゴには問題はありません

 

中国輸入ビジネスのご質問やご相談等は無料でさせていただきます。 LINE@をご登録後お気軽にお問い合わせ下さい!

 

友だち追加

 

原理原則に基づいたやり方を推奨するNBCプレミアム会員の内容を聞きたい、相談したいとの問い合わせが以前より何件かありましたのでまず無料相談を受ける事にしました。

対面相談は東京のみとなります。

悩んでいる方や行き詰まり感がある方なんでも相談に乗ります。

下記お申し込みフォームより申し込みください。

プレミアム会員参加申込相談個別面談受付お申し込みフォーム

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう